2015年11月18日

もちの誘惑とののいち経営塾

今日も朝から丸もちの粉はらい、丸もち生産をしていました。

今年のもちをつくのにあたって現場ではずっと一つのことが言われています。

「今年のもちはやわらかい」

お米って天候によって出来が左右されますよね。その結果が搗きあがるもちにも出ます。

またもちをつく日の天気もや気温も年によって変わります。

その年のお米や天気に合うよう、つく前に蒸す時間やつく時間、冷やす時間など調整したりしているんですよ。

お笑い系うたってますが笑いながらこんなことやってます笑。

気になる味はどうなのか?という話ですが・・・

もちをつく係の宮越さんが搗きたてのもちを味見して「おいしかった!」と言っていたので今年の味はばっちりでしょう!

これがどういう意味かといいますと

林さんちでは休憩が午前、午後と2回あり、おやつがいっぱい出るので冬場は社員さん、バイトさんは気を抜くと確実に太ります笑

それをわかっている社員さんは、特に宮越さんはつくもちへの食欲に、常に打ち勝っているのですが、早々に味見させたとなると・・・

今年のもちは「やばい」のかもしれません笑。

夜は野々市の商工会が行っている「ののいち経営塾」に勉強しに行ってきました。

途中、休憩時間に林さんちのお米をたくさん買ってくれる野々市市のお米屋さんの「株式会社 米屋」さんのおにぎりが振る舞いで出て食べました。

先日親父がご飯の炊き方講座を聞いていましたがなるほど美味しかったです。

20151118_185831.jpg

関連記事
2015年