たまに「とへい」と言われますとモスグリーン

2016年04月14日

昨日は田んぼへの入水作業でした。

最初は引き続き親父と回っていましたが新車が届くということで途中で交代。

その後は宮越さんと一緒に回っていました。

林さんちがあるのは野々市市藤平(ふじひら)というところなんですが、お隣の藤平田(とへいだ)というところの水路が特に複雑で四苦八苦してました。

基本的に田んぼの水は大きな川から水を取るけど、単純にそこの水門を開ければいいってことではなくて、一つ上の村で流れる水が合流して水量が変わってきます。

藤平田の水も例外ではなくて、藤平の水門を開けて水量を確保します。

そして藤平田の水路で厄介なのが住宅地ということもあり、用水のほとんどが蓋をされていてどこに水が流れているか把握しづらく、さらにそんな中で立体交差もしていてと、とっても農家泣かせな水路なんです。

ま、どこに繋がっているか探すのは宝探し気分で楽しいんですけどね。

今日は超普通じゃないコシヒカリの田んぼの草刈りをしました。

今年も雑草との闘いが始まってしまいました。

超普通じゃないコシヒカリの田んぼは除草剤を撒きません、つまり草生え放題!

雑草魂とはいうけれどほんとにへこたれない奴らです。

そんな雑草を草刈り機で刈ると返り血ならぬ返り草で着ている作業服や長靴が緑一色になります。

たぶん森と一体化できるレベルです。

天然草木染になってなかなか色が落ちなかったりします。

農薬を使わないということは、そんな雑草たちと折り合いつけて上手いことやっているってことなんですよー。

今日はこの辺で。