2017年04月25日

ついに始まってしまいました。田植えシーズンに突入です。

先週こんな感じで代掻きをして

代掻き.jpg

今週はもう田植えです。

初の試み、動画の埋め込み!せんむにやり方を聞きました笑。

すぐさま親父に布教しました。

こんな感じで500枚余りの林さんちの田植えの始まりです。

田植えで忙しくなる前に、ホームページの打ち合わせがありました。

知恵熱出そうなぐらいうんうん唸って考えてます。おかげでいいものができそうでわくわくです。

先週土曜は仕事を抜け出して高専のサッカー部のOB戦に行ってきました。

今年も野々市巨大水路ラビリンスに迷い込む季節がやってきました。

先週から始まった田んぼの入水ですが、うまく水が入ったり、入らなかったり。代掻きも今週の初めから開始しました。

林さんちの田んぼのほとんどは、白山からの水を手取川から7ヶ用水を通って田んぼに引き込んでいます。この7ヶ用水の取水が17日の夕方から、雨の増水で停水されちゃいまして。

またその17日から代掻きを始めたもんだから、水が・・・笑。

なんとかそれまでで入水できてた田んぼで代掻きをしてもらいました。

入水の方は、住宅地の周りの田んぼにとっても苦戦しました。

分水.jpg

大きな川から水を引き込むためにこんな堰を上げてもらいます。この堰、空気で水量を調節するんです。なるほどなーな仕組みですよね。

ここから流れていく水が林さんちの田んぼに来るはずなんですが、来ない、、、

なんで来ないのかなーと思って辿っていくと、道路の下に雨水の排水管がいるみたくて、そこに途中で排水されていました。簡単に言ってますがこんな見えない地下の水路(暗渠あんきょと言います。)は全くわかんなくて普段は気にも留めないものですからね。ヒントは大き目の貯めマスとマンホールに書かれた雨水の文字のみ。ただ見つけると、とてもうれしくなります笑。

ただ、17日に雨の中、見つけた貯めマスの蓋を開けようと踏ん張ったところ、足が滑って落下。蓋で足を挟んでしまい擦り傷と打ち身で今、足が痛いです(´;ω;`)

そんなこんなで四苦八苦しながら入水作業をしているんですが、ある田んぼの入水方法がまたワイルドで面白いです。

入水方法.jpg

これは川に木の板をドスドスッと草津の湯もみみたいに突っ込んでせき止めて水位を上げて入水しています。なかなかこんなワイルドなせき止め方は見ないです。

そういえばそんな入水作業の合間に4回目の種まきもありました。今回の種まきは女王様や超コシの種まきでした。種まきは品種や種類が多くなるとその都度、機械を止めて清掃して切り替えたり、どこからがなんの苗かわかるようにしとかないといけないので、なかなかせわしない種まきになります。今回もうまくトラブルなく種まきできました。

先週土曜日には高専時代の同級生の結婚式2次会に出席してきました。

桜がきれいな季節ですねー。

先週の僕らは桜を見ながら、荒起こしが終わって入水をひかえる田んぼの水戸(みと:田んぼの排水溝)の整備をしたり、普通のコシヒカリの田んぼに動力散布機を担いで肥料を撒きに行ったりしていました。

今日からは田んぼに入水もし始めました。

ほかには、2回目の苗だしと、3回目の種まき、苗だしがあったり、4回目の種まきの種もみを温湯消毒をしました。

話がそれますが温湯消毒は「おんとうしょうどく」と読みます。この温湯は普通の変換じゃ出ません。ということは一般的な言葉というよりこのためにつくった言葉なんですかね。検索かけても地名と、温湯消毒関係の記事ばかりですし。どうでもいいけど気になったことでした。

そんなこんなでハードに(?笑)働いていたら僕の腕時計が壊れてしまいました。

時計.jpg

妻から誕生日プレゼントでもらった時計で気に入っていたんですが、竜頭が取れて時間が合わせられなくなってます。腕時計は実は田んぼ農家の必須アイテムなんです。だって外に出ていると時間がわからない!携帯出して確認しようにも手が汚れてる&入水後の田んぼや用水で出すのは危険ということでないと結構不便なんです。

ということでこの時計は修理に出そうと思いますが、ないと不便なので新しいのを思い切って購入!

チープカシオ.jpg

チープカシオ!よくホームセンターなどで見るカシオが出しているこんな感じのパッケージの安い腕時計をチープカシオと呼ぶらしいです。まあそのまんまですね。安いカシオ。

しかし、舐めてはいけません。1000円前後の値段ですが(ちなみにこいつは1004円でした。)生活防水だったり10bar防水のがあったり、こんなデジタルからアナログまでいっぱい種類があります。コレクターもいるらしいです。

んで僕の買ったのは何とも古臭いデザインのデジタルの時計で、生活防水とあります。ただその割には強いです。一般の人の生活をどんなハードなものと想定してるのでしょうか笑。ちなみに、ベルトが金属なのは、革ベルトだと臭くなるからです。たぶん農家さんの腕時計を見るとほとんど樹脂でたまに金属なんじゃなかろうか。あとこいつとっても軽いし、薄いのでつけてる感が薄いです。数日つけてますがおすすめできます。

再び、ホームページの変更に乗り出しました。

4月になりましたね!林さんちにも4月1日から新入社員が来ました!

ご紹介しましょう。東出君です。

亮君.jpg

僕はりょう君と呼んでいます。というのも実は保育園からの幼馴染で高専までずっと一緒な学校で、高専に至っては座席まで前後だったりという仲です。

前は某農機やら建機やらを取り扱う会社にいたので、いろいろ免許を持っていて即戦力となってくれるでしょう。

この日はいきなり苗出し、種まきとハードな一日でしたがバリバリやってくれてます。

これからもよろしくー

種まきの後には次回の種まきの苗箱おろしをやりました。

納屋の2階.jpg

苗箱は普段林さんちのスタッフが休憩している納屋の2階にしまってあります。こんな感じの窓の少ないうすぐらーいとこに所狭しと苗箱が積まれています。およそ1万箱ぐらいはあるのかな?

よく、下からフォークリフトで下してる写真はありますが2階を取ってる写真はもしかして少ないかも。

ちなみに足元には1階の燕の糞を受ける傘をかける針金がかかっているのでトラップになっていてよく足をかけそうになります。

千晴のために武者人形を久しぶりに出しました。

2017年03月29日

先週はひたすらに田んぼの整備をしていました。

田んぼの畔が土のところは一年の雨や雪、モグラやネズミのおかげですぐ痩せていきます。

特に水戸と呼んでいる排水口の部分で用水と落差がある場合、水がよく流れて土も持っていくので大きな穴が開いたりしやすいです。

ここ数年、林さんちのある藤平では田んぼの用水が土畔で囲っただけだったのをU字溝をいれて整備したのでそれに合わせて、痩せた水戸の部分を修復してさらに補強をしました。

上手くできてるかはこれから水を張って、一年してみて、さらに数年ちゃんと持つかしてみないとわからないですがはたしてどうでしょうか。楽しみです。

その途中でてんとう虫がいました。

てんとう虫.jpg

春ですね~。

他にも荒起こしが始まっています。ほんとは早く田んぼの整備を終わらせて荒起こしの田んぼの水戸に取り掛かりたいけど遅れ気味...頑張ります!

25日の土曜日には幼馴染の写真展のレセプションパーティーに行って来ました。

先週末に野々市の花「椿」のお祭りがあって毎年出店しているのですが、今年は椿サミットととして全国から人が来ておりいつもより賑わっていました。

この時期は卒業シーズンということもありお赤飯の注文があり、朝早くに出てきて作っています。

椿祭りでも出すためにこの日も早めに出てきて準備をしていました。

林さんちのお赤飯はもち米を小豆で色付けせいろで蒸して、打ち水をして二度蒸しする昔ながらの作り方です。

ご飯粒がしゃっきり粒だってもっちりと美味しい自慢のお赤飯です。

DSC_1131.jpg

土曜日の午前中はおかんと二人で店番をしていました。

土曜日と日曜日合わせてほとんど完売してよかったです。

外仕事では今年からやることになった田んぼにスロープをつけていました。

ダンプに井堀で上がった土をスコップで積み込んで何往復もして作ります。なかなかの重労働ですがこれをやっておくとこれからの起こし、田植え、稲刈りで田んぼの出入りがすごく楽になります。

林さんちの作業する田んぼは五百枚を超えていて、こういうところでいかに時間をかけずにやるかってことが結構大事だったりします。

最近の千晴は離乳食を食べ始めています。

さて先週の林さんちは種まきの準備の週でした。

種もみを5キロずつ袋に詰めていきます。

種もみ袋詰め.jpg

この排水口ネットみたいな袋に詰めて、準備します。これはこの後、消毒をしたり、芽出しに水槽につけたりするためです。しかし、なんで5キロ何ですかね~今書いてて不思議に思いました。

他には林さんちの納屋の2回に片づけてある苗箱を下しました。

林さんちで使う大量の苗箱、普段はみんな休憩する納屋の頭の上に収納してあります。

これをバケツリレー的に運び出します。

ちなみに1回の種まきで2520箱の苗箱をつかいます。

今週に入ってハウスを張り始めました。と言っても昨日で張り終わりました。

林さんちのハウス張りは2日ほどで一気に張ります。ハウスは風が強いと張れないのでこの季節は天気次第でやきもきすることが多いのですが、風が弱く天気も良かったのでうまく張れました。

土日は結婚式のダブルヘッダーと戌の日詣りに行って来ました。